霊園でのお墓参りのやり方

banner

お盆の季節に霊園でお墓参りをする風習

お盆の季節は、一般的に8月の13日から16日と言われており、東京などでは7月の13日から16日だと言われています。そして、このお盆の季節に霊園でお墓参りをするのが風習となっています。お盆になると、仕事が休みになる人も多いですし、それによって親族が集まりやすくもなるので、お墓参りをするには最適な時期だと言えるのです。

お盆の季節に霊園でお墓参りをする風習

もちろん家族だけでも、一家揃ってお墓参りができる数少ない機会でしょうから、昔からの風習となっているわけです。
霊園に行っても、やはりお盆の季節は多くの人を見かけますし、規模が大きい霊園であればちょっとした渋滞ができることもあります。

また、複数の霊園にお墓があるという人はさらに大変だと思います。

送迎バスの本数が増えることもありますし、タクシーなども多く止まっている光景を目にします。さて、そんなお盆でのお墓参りですが、最近では核家族化であったり、夫婦の共働きであったり、お盆であっても仕事の休みが取りづらい状況から、お盆の季節でもお墓参りができないケースが増えています。

また、霊園がすぐ近くにあればいいのですが、車や電車で何時間もかかるような場所だと、行きたくても行けない可能性もあるわけです。高齢化によって、歳を重ねることで年々お墓参りをする人も難しくなる人も多いでしょう。このようないろんな理由から、お盆の季節にお墓参りをするという風習も、徐々に薄まっていると言わざるを得ない状況なのです。

もちろん、仕方がない面もあるわけですし、風習というのは時代と共に変化していくものではありますが、少し寂しい気持ちになってしまう感も否めないのです。むろん、お盆の季節でなくても、他の時期にお墓参りに行けるのであれば、無理にこの季節に行う必要もないでしょう。

大事なことは、ご先祖様や故人をしっかりと偲ぶことですから。

gomichellie002

また、どうしてもお墓参りをするのが難しいのであれば、お墓参りを代行してもらうサービスを利用する方法もあります。代行サービスで、お墓参りを代わりに行ってくれるだけでなく、墓石の掃除なども行ってくれるので、そういう意味でも利用してみる価値はあるかと思います。

霊園でお墓参りをする際ですが、どのようにしてお墓参りをすればいいのでしょうか?色々と作法はあると思いますが、できるだけそれに従ってお墓参りをするのがいいのでしょうか?まず、お墓参りをする時期に関してですが、基本的には命日・お盆・お彼岸に行うのが一般的となっています。

ただ、霊園が近くにあればいいのですが、遠い場所にあるとどうしても毎年その時期にお墓参りを行うのは難しいです。そのため、できるだけ命日を最優先にして、余裕があれば他の時期にもお墓参りを行うのがいいでしょう。もちろん、他の時期に行っても全く問題はありませんから、お墓参りをしたいと思った時には、いつでも顔を見せてあげるようにしましょう。

さて、お墓参りに作法についてですが、実はお墓参りに関してはこれといった作法はないのです。もちろん、慣習となっていることや、形式化されていることはありますが、少なくとも「こうしなければいけない」といった決まりは一切ないのです。

お墓に着いたら、まずは綺麗に墓石を掃除してあげましょう。霊園によっては最低限の清掃用具が用意されている場合もありますが、基本的には持参していくことになります。

お盆の季節に霊園でお墓参りをする風習

墓石の掃除はもちろんですが、周囲に落ちているゴミや雑草などをも綺麗に片付けるようにしましょう。余裕があれば、他の墓石周囲のゴミまで拾ってあげればいいでしょう。掃除が終われば、お花をお供えして、線香を立ててあげ、お菓子などを添えてあげるようにしましょう。

あとは、手を合わせて墓石の前でお祈りしてあげれば終わりです。お祈りをする順番は、基本的には故人との繋がりが深い順に行うことになります。なお、お供えしたお菓子などは、お祈りが終わったら持ち帰るようにしましょう。以上が基本的な方法になりますが、何度も言うように正しいやり方があるというわけではありませんが、あくまでも故人が喜んでくれそうな方法でお墓参りをしてあげればいいかと思います。

お盆の季節に霊園でお墓参りをする風習

お盆の季節に霊園でお墓参りをする風習

Copyright(c) 2014 霊園でのお墓参りのやり方 All Rights Reserved.